手作り、なめたけ

社長, 社長とスタッフのブログ

えのき茸は、スーパーでは100円以下の価格で販売している時が多いです。えのき茸を購入して、石附の部分を削除し、それより上を適当な長さに切り鍋に入れ、めんつゆ、味醂、醤油、清酒を適当にいれて、5-10分弱火で煮れば、なめたけが出来上がります。瓶か、シール容器に入れ冷蔵庫で冷やすと、美味しく食べることが出来ます。ちょっと荒っぽい説明になりましたが、レシピを研究なさる方はインターネットで調べると、沢山掲載されています。この文をご覧になっている方には、一度、お作りになられる事をお勧めします。そうすると、「もう少し、醤油を加えるとよかったな」、とか、「甘味が不足しているので、味醂か砂糖を追加してみよう」とか、2-3回作る内に、美味しい、自分の味のなめたけが作れるようになります。

この話を、店長会議でしたところ、ある店長が「えのきで、なめ茸を作ってみませんか」とボードを作って、えのきの販売をしてくれました。ちょっとしたメニュー提案で、良い企画だと思いました。

先日、店舗で販売しているナガノトマト(http://www.naganotomato.jp/)のなめ茸を購入して、久々に自家製のなめ茸と比較してみました。どちらが美味しいとは一概に言いきれませんが、えのき茸の選定、切り方、味わい共に大変素晴らしいものでした。

当社では、多くのなめ茸を試食してナガノトマトさんのなめ茸を選びました。また、かつては仲間のスーパーと共同開発したプライベートブランドのなめ茸を販売していたことも有ります。今回、改めてナガノトマトさんのなめ茸を味わって、当社バイヤーの選択は正しかったと思った次第です。

img_0550img_0532img_0577


PAGE TOP