松前漬け

社長, 社長とスタッフのブログ

 松前漬けは北海道(松前藩)の郷土料理です。昆布の旨みとぬめりがイカの歯ごたえと調和して、良い食感の漬物です。一年中食べることが出来ますが、スーパーでは年末になると目につくようになります。完成品を販売しますが、松前漬けの素も販売しています。私は松前漬けの素を使って自分で作るのが好きです。作って見ると、それなりに色々な事が解り面白いです。img_0740

 当社では、食品部門が仕入れて販売している素と、鮮魚部門が仕入れて販売している2種類が有ります。個人的には鮮魚部門が販売している「北海道ぎょれん 松前漬けの素」(税込518円)が好きです。作り方はいたって簡単です。袋から昆布とするめいかを出して、するめいかを半分に切ります。その両方を水洗いします。同封のタレを薄めて容器に入れ、洗った昆布とするめいかを容器に入れ、冷蔵庫で1日~2日冷やしておくと、松前漬けが出来上がります。

 完成してみると、反省として、するめいかをどの程度に細かく切ったら食べやすいだろう、昆布も少し切った方がいいかなとか、タレはもう少し甘い方がいいか、辛い方がいいかなど考えて、次回の反省にするといいと思います。また、数の子や、細切り人参など、何かを入れて更に、美味しくする方法を考えるのも楽しみです。 インターネットを捜すと数多くのレシピが発見出来ます。日本酒が一番合うよう思いますが、ビール、焼酎、白ワインでも楽しめます。飲みながら、次は、どのように作ろうかと考えるのも楽しいと思います。


PAGE TOP