ファイブスタービーフ

社長, 社長とスタッフのブログ

 ファイブスタービーフと聞くと、3星レストランのように誰かが評価をして星を付けたように考えがちですが、当社が昨年の11月から扱っているファイブスタービーフは商品名です。5つの特長が有る牛肉との意味です。%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%95%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%95%e3%81%ae%e7%a7%98%e5%af%86_b5%e7%b8%a6

 名前の由来はともかく、ファイブスタービーフはニュージーランドのアンズコ・フーズという畜産会社が生産している牛肉の1つのブランドです(http://www.anzco.co.jp/mind/supply)。ニュージーランドは地球上の地理的な位置の関係で、畜産においては病原菌に汚染されていない世界でも希な地域です。冷涼な気候の中で幼少期には牧草を食べて生育した肉牛を穀物で肥育したものです。ファイブスタービーフは、ニュージーランドのアッシュバートン群ワカヌイの海岸に面した牧場で育てられています。成長ホルモン剤、遺伝子組み換え飼料、動物性飼料を一切与えずに育てた高品質で安全な牛肉です。味わいimg_0889も国産牛と差が無くステーキだけでなく、すき焼きなどでも美味しく召し上がって頂けます。輸入と言うと抵抗を感じる方がいらっしゃるとは思いますが、ニュージーランドで、日本人の好みも理解している人達が作っているファイブスタービーフは味わい、安定供給、安心安全、価格の点でも優れているので是非一度お試し下さい。

 アンズコ社は、芝の東京タワーの前に有るビルでワカヌイグリルアンドダイニングというレストラン(http://www.wakanui.jp/)を運営しています。日本におけるアンズコ社の肉が食べられるオシャレなアンテナショップです。ワインもニュージーランドかmain_1200_900_01_blurら直輸入していて、市販されていないニュージーランドワインが楽しめます。

 アンズコ社はラム(仔羊)肉も生産しているので、レストランではラム肉も楽しめます。日本では馴染みの薄いラム肉ですがヘルシーで、柔らかく独特の風味が有り、慣れて来ると、何度も食べたくなります。当社でもニュージーランドのラム肉が販売出来るようになりたいと願っています。

 


PAGE TOP