恵方巻き

社長, 社長とスタッフのブログ

 節分と言えば「豆まき」でしたが、今では、「恵方巻」です。目刺しなどのイワシ関連商品も人気が出ます。節分にその年の恵方(今年は北北西)に向かって、願い事を浮かべながら、無言で恵方巻を丸かぶりすると、福を呼ぶとの言い伝えで人気が出ています。ですが、恵方巻を1本無言で食べられる人は、少ないと思います。

 恵方巻人気で当社では節分(今年は2月3日)の日には、朝から晩まで社員総出で恵方巻を作っています。惣菜センターで恵方巻を作って当日の朝に納品されたものを販売する企業が増えている中で、当社では、店内調理で恵方巻を作っています。作り立てを食べて頂いた方が、美味しく召し上がって頂けると考えています。

 今年は、12種の大漁宝巻、天然本マグロ太巻をはじめ、サラダ巻、牛肉ビビンバ巻、和風十二種の大漁宝巻海老天巻、など、魚、肉、サッパリ系と準備します。また、少量がいいと言う方向けに、ハーフサイ天然本まぐろ太巻ズも揃えます。

 惣菜の担当に聞くと、今年の目玉はパストラミビーフ巻であると言っていました。パストラミは香辛料で調理した牛肉の燻製で、保存食として食べられていたのものです。「恵方巻に使う海苔」は築パストラミビーフ巻地波除稲荷神社でご祈祷して頂いた海苔を使うそうです。ご期待下さい。

 私の好みは、天然本マグロ太巻ですが、今年は、担当一押しのパストラミビーフ巻も食べてみようと考えています。


PAGE TOP