未分類

スーパーマーケットの店頭に行くと、色々な名前の牛肉が販売されていて、どの肉を買おうかと迷うことが有ると思います。一般的には、グラム単価が高い方の肉が良い肉(美味しい肉)と言えますが、高価な肉が美味しいとも言えない場合が有ります。P1030686

 当社では、ホルスタイン(業界ではホルスと呼ばれています)、交雑牛(黒毛和牛とホルスを掛け合わせた雑種第1代なのでF1とも呼ばれます)、国産黒毛和牛を販売しています。商業的には、“国産交雑牛”、“北海道かみふらの和牛”、“松坂牛”(限定店舗)と名前が付けられています。

P1030692よく、「A5の牛肉を食べたい」と言う方がいらっしゃいますが、Anは、肉質の等級の番号で、1~5番まで有り、番号が上がるほど、脂肪の交ざり具合が高くなります。俗に言う「サシが細かく」なります。かみふらの和牛はA4、松坂牛はA5になります。国産交雑牛はA3~A4です。松坂牛も国産黒毛和牛の範疇に入ります。P1030685

 私は、かみふらの和牛を好んで食べています。売場で店長や、精肉の主任に、あらかじめ、かみふらの和牛で、しゃぶしゃぶ用、すき焼き用、ステーキ用、ローストビーフ用に、何グラムをいつ欲しい、200gずつの2パックで欲しいとか、ローストビーフ用なので糸を巻いて置いて欲しいなどと、あらかじめ頼んで置くと、美味しい肉を召し上がれる、スーパーマーケットの上手な使い方になると思います。

未分類

Posted by admin


PAGE TOP