三陸のワカメが入荷し始めました

社長, 社長とスタッフのブログ

 三陸から新物のワカメが入荷して来ました。寒中ですが、立春が近づいているので海の中も春めいて来たのでしょう。この時期の新芽ワカメはとても美味しく、新物と表現しています。wakame01

IMG_1219ワカメは、通常1月の中旬から3月くらいまで、海中で採られます。通常陸揚げされたワカメは、塩漬けにして保存されます。塩蔵ワカメと呼んでいます。4月くらいからは塩蔵ワカメが出荷され、それを水で戻して食べています。そして、翌年になると、再び新物のワカメが出て来るというのがワカメの1年のサイクルになっています。

 売場にある新物のワカメは、陸揚げしたワカメを浜で湯通ししたものです。生ワカメは黒っぽい暗緑色をしていますが、湯通しすると綺麗な緑色に変色します。その
wakame02新物ワカメが、現在店頭で販売されています。私は、新物ワカメをいつもニビシのポン酢で食べていましたが、万城食品のわさびドレッシングで食べてみたところ、こちらも美味でした。ホタルイカを混ぜてもいいと思います。また、この時期にはワカメの茎である、メカブの新物も出回っています。薄く刻んで熱湯をかけると色も鮮やかになります。柔らかく、粘りが強く、美味しく召し上がって頂けます。この時期だけの、まさに春の味覚の商品です。

 お酒を合せるとすれば、日本酒が一番のように思いますが、チリの白ワインのソービニオンブラン、シャルドネでもいいと思います。生めかぶ_B5


PAGE TOP