恵方巻の食べ比べ

社長とスタッフのブログ

 恵方巻の販売がピークを過ぎる頃に、社内で恵方巻の評価をしました。恵方巻を販売している市内のスーパーから海鮮恵方巻を中心に購入してきて、当社が販売している恵方巻と食べ比べてみます。海鮮恵方巻で言えば、価格帯は980円が多く、1,000円を越えるものも有りました。並べて比べて、見栄えを見て、その後、試食をしてみます。減量を課している私にとっては、大変勇気がいることですが、今年は、当社を含めて5種類の恵方巻を試食しました。無題カットした断面を見て、具材と酢飯のバランスを眺め、その後は食べて、酢飯の香り(強弱を含めてバランス)、飯の詰まり具合(空気感が重要です)、具材の口の中での広がり具合など、色々な観点で味わってみます。機械で作ると酢飯がしまってしまいます。作り置きすると酢飯の香りが飛んでしまうなど、同じ条件で公平な評価をするのは難しいですが、店内調理と出来たてに拘った当社の恵方巻は、価格の制限が有る中では大変美味しいと評価し、安心しました。この恵方巻を企画し、作って、販売してくれた社員に感謝した次第です。

 2/3の夜は、恵方巻の試食で満腹になり、家中に豆をまいて、家族に疎まれ、それなりに、大変な時間を過ごしました。


PAGE TOP