フロリダのグレープフルーツ

社長, 社長とスタッフのブログ

 3月に入ってフロリダ産のグレープフルーツの酸味が低くなり、美味しく食べられるようになりました。と書くと奇異な印象を持たれるかもしれませんが、フロリダ産の入荷IMG_1575は昨年12月くらいから始まったのですが、柑橘類は収穫されてから少し寝かせて、酸味を下げてから出荷(販売)を始めます。フロリダ産は年によりますが、5月末くらいまで美味しく食べることが出来ます。その後は、カリフォルニアから南アフリカへと産地が移って行きます。現在カットすると左側のように皮の薄い実ですが、カリフォルニアに移ったグレープフルーツをカットして見ると、多くは、右側の写真のようになっています。スーパーの商売を始めた頃は、皮の厚いグレープフルーツの販売を躊躇しました。不味いグレープフルーツしかし、毎日グレープフルーツを召し上がりたいというお客様のために、少量は販売するようにしています。3月~5月末までは一年中で一番グレープフルーツが美味しく食べられる時期なので、まとめて購入して楽しまれることをお勧めします。これもスーパーの上手な使い方だと思います。

 一方、オレンジも大変美味しくなっています。当社では糖度13度以上のオレンジを選んで販売しています。カリフォルニア産の、おへそが有るネーブルオレンジです。オレンジも6月末くらいになると、ネーブル種からバレンシア種に移り、おへそが無くなります。当社の青果バイヤーはネーブルに拘り、6月末以降も糖度の高いネーブルオレンジを販売し続けたいと言っていますので、期待しています。

IMG_1538IMG_1540

 


PAGE TOP