初がつおの入荷が増えてきました

スタッフ, 社長とスタッフのブログ

「目には青葉、山時鳥(やまほととぎす)、初がつお」という俳句にもあるように、春から初夏の季節の味覚の初がつおの水揚げがようやく増えてきました。

例年ですと3月中旬から入荷が始まり4月になると水揚げ量が増えますが、今年は4月の後半になっても水揚げが無く、5月に入って水揚げが始まりました。

現在は千葉県沖が主な漁場で、千葉県勝浦港・銚子港には新鮮な初がつおが毎日水揚げされ入荷量も増え価格も手ごろになりました。

 生かつおは生姜醤油で食べるのが一般的ですが、にんにく醤油もおすすめです。
大葉、小ねぎ、みょうが、にんにくスライスなどのお好みの薬味をたっぷり添えて初夏の味覚をお楽しみ下さい。

生が苦手な方には家庭で簡単にできる「自家製かつおたたき」をおすすめします。

作りかたは簡単で、
①ボウルなどに氷水を用意します。
②生かつおを半分に切り、中火に熱したフライパンでかつおの表面を焼きます。
③切った断面を見て、かつおのまわりが幅約1~2mm白くなるまでフライ返しなどを使ってやさしく丁寧に焼いて下さい。

テフロン加工のフライパンでない場合は、小さじ1パイぐらいのサラダ油をひいてから焼くときれいに焼けます。

・焼き上がったかつおを氷水に入れて冷やします。(1分~2分で冷えます)
・冷えたかつおを取り出し、かつおの表面に付いた水分をペーパ-タオルなどで拭き取ってお好みの厚さに切って、お好みのタレと薬味をたっぷりかければ出来上がりです。

今回はかつおたたきを使った「かつおたたきサラダ」を作ってみました。
お皿に生わかめを敷いて、きゅうり、みょうが、オニオンスライス、にんにくスライス、大葉、かいわれ大根などお好みの具材をたっぷり添えて、わさびドレッシング、和風ドレッシング、中華ドレッシングなど、お好みのドレッシングをかければ出来上がりです。

冷凍では味わえないソフトな食感の「自家製かつおたたき」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


PAGE TOP