ただ今!!カリフォルニア産のアメリカンチェリーは食味の良いビング種を販売中で す。

スタッフ, 社長とスタッフのブログ

販売期間は6月中旬ぐらいまででその後はワシントン産に産地が切り替わります。
ワシントン産のビング種が出回るのは6月下旬以降になりますが、ちょうどその頃は国産のさくらんぼのピークになりますのでアメリカ産と国産の食べ比べなどできます。

国産のさくらんぼとは違った独特の風味があり、輸入果実としては季節感のあるフルーツです。

チェリーは大変デリケートな果実で、その年の気象状況によって大きく生産量・品質が影響を受けます。

雨が降ると受粉がうまくいかなかったり、実が水分を吸って破裂してしまうなどトラブルがあり、収穫日になるまで生産地では気を抜けない日々が続きます。

収穫されたチェリーは1日でも早く店頭に並ぶように空輸(エアー便)でアメリカから輸入されいます。

選び方は軸がみずみずしく鮮やかな緑色で、果肉にしっかり付いているものが新鮮です。

大粒で果肉全体に光沢と張りがあり、しっかりと色付いたものを選びましょう。

アメリカンチェリーのサイズ規格はSサイズ、MサイズではなくはRow(ロウ)と呼ばれています。
その理由は、
昔、アメリカンチェリーが流通し始めたころ、一定規格の箱に入ったチェリーの上段
をきれいに一列に並べて出荷していました。

その際、1列(Row)にいくつ並んだかでサイズを判断していた名残です。

担当:武藤


PAGE TOP