新しい柑橘「せとか」

スタッフ, 社長とスタッフのブログ

せとかは長崎の果樹試験場で「清美」と「アンコール」をかけ合わせ、
更に「マーコット」を交配して育成されたタンゴールで、
2001年10月に品種登録されました。
タンゴールの中では大玉で、まだ生産数も少なく、果皮が薄く傷つきやすいことなどから、
傷が無く、糖度が高い物は高級進物用として高額で取引されています。

せとかはハウスでの加温栽培や露地栽培されたものがあります。
ハウス物で早いものは12月中旬頃には収穫が始まりますが、
露地物は2月頃に出回ります。

せとかの果実は200~300g程で、柑橘の中では比較的大きい方になります。
果皮は橙色、果面はなめらかです。
果皮がとても薄く、果肉は非常にジューシーで甘く、オレンジのような濃厚な味が楽しめますので
おすすめの1品です。


PAGE TOP