いくらの美味しい季節になりました

社長

 猛暑、酷暑の夏でしたが9月に入り暑さが弱まって来ました。北海道から秋鮭の入荷が始まりました。お腹の中には筋子が入っています。これをお湯でほぐして、いくらを取り出して、シール容器に入れ、醤油、みりん、お酒を加えて、タレを作り、半日程度冷蔵庫に入れてタレに漬け込んでおくと、美味しい、いくらの醤油漬けが出来上がります。筋子をほぐすのが面倒ならば、売り場で「筋子をほぐして下さい」と頼んで下さい。10分程度で無料でほぐしてくれます。 いくらの醤油漬けを作る時に、ご自分でタレを作るのが面倒な場合には、売り場で小袋のタレを販売しておりますので、ご利用下さい。私は、既成タレを使うより、自分で、そばツユを薄めて、日本酒を加えて味を調整してタレを作っています。

 熱いご飯に好きなだけかけて、いくら丼として食べるのが好きですが、酒のつまみに少量食べるのもいいと思います。

 今は、いくらの粒が少し小さいですが、9月中旬から後半にかけて、大きく膨らんで来ます。9月~10月が自家製のいくらの醤油漬けが楽しめるシーズンです。お好みの味のいくらの醤油漬けを沢山楽しんで下さい。

 

社長

Posted by 社長


PAGE TOP