鯛が美味しい季節になりました

社長, 社長とスタッフのブログ

桜の便りが聞こえて来ると、瀬戸内、あるいは、その近くの海で獲れた鯛を桜鯛と呼ぶことが多いです。当社の鯛は、主に愛媛、熊本方面から入っていますが、全国的に、この時季の鯛を色目を合わせて桜鯛と呼んでいるようです。

そのような意味で、今年も桜鯛の季節になりました。売場にも鯛を色々にさばいた商品が並びます。兜は塩焼きか、煮付けで、切り身は塩焼きで、柵取りしたものは刺身でと言った具合です。

薄造りも用意しました。これは便利な商品です。10切れくらい入っていますが、3-4枚はオリーブオイルと塩でカルパッチョ風に、2切くらいは潮汁に、残りはシャブシャブでと言った具合に1つのパックから沢山の楽しみ方出て来ます。

今年は、リーゾナブルな価格のトルコ産のエキストラバージンオリーブオイルも入荷していますので、カルパッチョを沢山お楽しみ頂けます。


PAGE TOP