もうすぐ埼玉産の幸水梨が入荷します

スタッフ, 社長とスタッフのブログ

幸水」は、「豊水」「新水」とともに梨の「三水」と呼ばれる赤梨で、
日本梨の代表品種の1つです。

幸水梨は農研機構果樹研究所において「菊水」と「早生幸蔵」を交雑し育成され、
1959年(昭和34年)に命名登録されました。

果実の大きさは約250~300gくらいで、果皮の色は時期や
栽培状況によって褐色または黄緑がかった褐色になります。

甘さの中にほどよい酸味があり、果汁も豊富。食味は良好で、
その味と質のよさから長年にわたり高い人気を得ています。

幸水という名前は、両親である「菊水」の「水」と、
「早生幸蔵」の「幸」の文字を1つずつ取って名付けられました。

早生幸蔵は赤梨で、菊水は二十世紀を親に持つ青梨です。

・選び方
果皮に張りがあり、全体がふっくらとしていて、
持ったときに重みを感じるものがおすすめです。

幸水は赤梨ですが、シーズン初めは少し黄緑がかっているものが多く、
シーズン中盤くらいから褐色のものが増えてきますのでおすすめです。

あまり日持ちがしない為、2日ぐらいで食べて下さい。


PAGE TOP