新製法のサラダチキンはいかがでしょうか

スタッフ, 社長とスタッフのブログ

まだまだ人気沸騰中のサラダチキン。
与野フードセンターで販売しているのは元祖サラダチキンのアマタケ「南部どりサラダチキン」です。
南部どりのサラダチキンが他のサラダチキンと大きく違う点は素材のおいしさが違います。


フランス赤鶏と国産の白鶏を掛け合わせて味に旨みがありコク豊かでやわらかい食感です。
岩手県の大自然の中で、抗生物質や合成抗菌剤を一切使わず自然由来のこだわりの飼料ときれいな水で健康に育っています。
こだわりの赤鶏で作ったサラダチキンは本当においしいです。

その南部どりサラダチキンですが「ハーブ、プレーン、たまり醤油、ガーリック、タンドリー味」と「チーズ、燻製風」では製法が違うことはご存じですか?

ハーブ、プレーンなどは南部どりむねの1枚肉をサラダチキンにしています。お肉の食感を感じられる食べ応え満点のサラダチキンです。

チーズ、燻製風はダイスカットのお肉などを固めた製法をとっていますのでしっとりした食感と中まで浸透した味付ができるようになりました。


チーズはサラダチキンの中に入っていますのでしっかりチーズを感じることができるおいしいサラダチキンです。

また、ガラクトオリゴ糖入りですのでビフィズス菌増殖作用、便秘改善、ミネラルの吸収促進などの効果が期待されます。

そのままでも、サラダのトッピングでも美味しいサラダチキン。1枚肉のサラダチキンともども新製法のサラダチキンも好評販売中です。ぜひともご賞味ください。


 


PAGE TOP