秋鮭が美味しいです

社長, 社長とスタッフのブログ

毎年、秋になると北海道の秋鮭が入荷して来ます。
今年の入荷は9月初旬から始まりました。
北海道、東北で生まれた鮭が、数年、海を回遊して、
産卵のために地元に帰ってきた鮭のことを秋鮭と呼んでいます。


北海道のほぼ全域の沿岸に来遊し漁獲されますが、特にオホーツク海側沿岸(北海道の地図の右上)で半数近く漁獲されています。川に遡上する直前の秋鮭は脂がのって最高に美味しい状態です。

メスは卵(筋子)をたくさん抱えており、筋子やいくらも旬の時期です。

スーパーでは鮭は通年商品になっています。
チリから、大西洋から(アトランティックサーモン)、
米国から(キングサーモン)、オホーツク海から、
と色々なところから輸入されています。

多くは養殖で味や品質が一定しています。
秋鮭は国産で天然の鮭というのも大きな特長です。
昨年は不漁で値段も高い状況でしたが、今年は漁獲高が
回復して順調に入荷しています。

脂が載っているので、ムニエルがお勧めですが、
ポーチ(塩茹で)しても美味しく召し上がれます。
当然、焼いても美味しいです。

また、筋子 も10月中旬まではお楽しみ頂けます。

売場でほぐして貰って(無料です)、タレに漬けてお召し上がり下さい。

今が1年で一番美味しいいくらが召し上がれます。
昨年は不漁で、筋子、いくらを楽しむ期間が殆どなかったことを思うと、
今年は夢のようです。

今年はぜひ、旬の生秋鮭と筋子をたっぷりとお召し上がりください。


PAGE TOP